UOCA nanacoカード特約


株式会社タウンマネジメント魚町(以下、タウンマネジメント魚町という)が実施するUOCAポイントサービスにおける会員に対して、 フェリカポケットマーケティング株式会社(以下、フェリカポケットマーケティングという)が発行し タウンマネジメント魚町が交付するUOCAカードのうち、電子マネーnanacoを利用できる機能を搭載したカード(以下、UOCAnanacoカードという) において、当該会員が、電子マネーnanacoを利用するにあたっては、本特約に従うものとします。
なお、UOCAnanacoカードにチャージし、nanaco電子マネーサービスを利用した商品等の購入をし、 または残高確認をした場合には、本特約の内容を承諾したものとします。


第1条
会員は、本特約に別段の定めのある場合を除き、株式会社アイワイ・カード・サービス(以下、IYCという)の定める 「nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)」及び同規約に付随する特約に従うものとする。

第2条
本特約において用いられる用語は、本特約において特に定義のない限り、 「nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)」に定める定義に従うものとする。

第3条
1.「nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)」及び同規約に付随する特約中、 登録会員に関する規定については、適用しないものとする。
2.会員が死亡した場合には、会員資格は喪失され、一切のnanaco電子マネーサービスを利用できなくなるものとする。 この場合、nanacoカード内残高及びセンター預り残高はゼロとなり、また、現金の払い戻しも行われないものとする。
3.「nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)」第14条第1項に定める使用停止措置に関する規定は、 当社所定の方法により、カード発行者からUOCAnanacoカードの不具合により、当該UOCAnanacoカードについて、 nanaco電子マネーサービスの使用停止の措置を求められた場合に限り適用されるものとする。
4.「nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)」第14条第2項に定めるnanacoカード内残高、 センター預り残高の引継については、カード発行者が再発行したnanacoカードのほか、 当該会員が保有する当該会員名義のnanacoカードその他のnanaco電子マネーを利用することのできる媒体へも行えるものとする。
5.「nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)」第14条第3項の規定に拘らず、第三者からnanacoカードを拾得した旨の届出があっても、 使用停止措置はとらないものとする。
6.「nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)」に付随する 「nanacoポイントサービス特約(提携先発行カード用)」第4条に定めるポイントからnanaco電子マネーへの交換については、 交換後に取り消すことはできないものとする。
7.「nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)」に付随する 「nanacoポイントサービス特約(提携先発行カード用)」第6条に定めるポイントの承継については、 本条第3項乃至第5項の特約が準用されるものとする。

第4条
「nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)」第17条、第22条及び第23条の規定は、本特約についても準用するものとする。


以下の「nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)」をよくお読みいただき、ご承諾のうえnanacoカードをご利用下さい。 なお、nanacoカードにチャージし、nanaco電子マネーサービスを利用した商品等の購入をし、または残高確認をした場合には、 会員規約の内容を承諾したものとみなします。

nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)

第1条(目的)
本規約は、株式会社アイワイ・カード・サービス(以下「当社」といいます。)が発行する nanaco電子マネーの利用条件について規定するものであり、会員がnanacoカードを使用して nanaco電子マネーを利用するにあたり本規約が適用されます。 なお、nanaco電子マネーサービスに付随または関連して当社またはnanaco加盟店が提供するサービスについては、 本規約と併せて当社またはnanaco加盟店が別に定める規約が適用されます。 また、nanacoカードの使用に際しては、カード発行者の定める規約等も併せて適用されます。

第2条(定義)
本規約において使用する用語の定義は、次の各号に定めるところによります。
(1) nanaco電子マネーとは、当社が発行し、nanacoカードに記録される金銭的価値を証するものをいいます。
(2) nanaco電子マネーサービスとは、会員がnanaco加盟店に対し、物品、サービス、 権利、ソフトウェア等の商品(以下「商品等」といいます。)の対価の全部または一部の支払として、 当社所定の方法によりnanacoカードにチャージされたnanaco電子マネーを利用することで、 nanaco加盟店から商品等の購入または提供を受けることができるサービスをいいます。
(3) nanacoカードとは、会員がnanaco電子マネーを管理および利用するための、 ICチップが内蔵され、本規約末尾に記載されているnanacoマークの付された記録媒体をいいます。
(4) カード発行者とは、当社と提携している者で、nanacoカードを発行する者をいいます。
(5) 会員とは、nanacoカードの保有者で、本規約を承認のうえ、nanaco電子マネーサービスを利用される方をいいます。 また、同一の方が複数のnanacoカードを保有する場合、特に定めのない限り、それぞれ別の会員として取り扱われます。
(6) 登録会員とは、会員のうち、当社所定の登録申込書等により、当社に個人情報を登録していただいた方をいいます。
(7) nanaco加盟店とは、当社または当社と提携している会社とnanaco電子マネーサービス利用加盟店契約を締結し、 nanaco電子マネーサービスの利用により、会員に商品等の販売または提供を行うものをいいます。
(8) チャージとは、会員が、当社所定の方法により、nanacoカードにnanaco電子マネーを加算することをいいます。
(9) nanacoカード内残高とは、nanacoカードにチャージされ、会員が利用することのできるnanaco電子マネーの量をいいます。 なお、会員がnanacoカードを喪失された場合、当社がキャンペーンその他の理由により会員に対してnanaco電子マネーを付与した場合などに、 nanaco電子マネーを当社がnanaco電子マネーの管理センターでお預かりする場合があります(以下、その量を「センター預り残高」といいます。)が、 この場合にはnanacoカードにチャージしていただきませんとご利用いただけませんので、ご注意ください。
(10) 利用端末とは、nanaco加盟店またはnanaco加盟店の指定する場所に設置された、nanaco電子マネーの読み取りおよび引き去り、 取引データの記録その他のnanaco電子マネーを利用した取引を行うために必要な機能を有する機器をいいます。
(11) チャージ端末とは、チャージを行うための機器をいいます。

第3条(nanacoカードの発行)
1. カード発行者は、会員本人にnanacoカードを発行します。 会員は、nanacoカードを受け取ったときに当該nanacoカードの所定欄に会員ご自身の署名を行わなければなりません。 nanacoカードは、会員本人以外は使用できません。
2. 会員は、善良なる管理者の注意をもってnanacoカードを使用し管理しなければなりません。 また、会員は、nanacoカードを貸与、譲渡、担保提供その他の処分をなすことや、 会員番号その他のnanacoカード固有の情報を当社またはnanaco加盟店以外の第三者に情報提供することもできません。
3. 登録会員は、登録会員が当社に届け出た氏名・電話番号等について変更があった場合には、 当社所定の方法により遅滞なく当社に届け出るものとします。

第4条(不正使用等の禁止)
会員は、nanacoカードおよびnanacoカードに内蔵されているICチップの偽造、変造、改ざんその他の不正な方法による使用をすることはできません。

第5条(パスワードの管理)
1. 当社は、会員に、パスワードを登録していただく場合があります。
2. 会員は、パスワードを他人に知られないように善良なる管理者の注意をもって管理するものとします。
3. 会員番号とパスワードを使用して行われた行為は、その会員番号の会員の行為とみなします。
4. 会員によるパスワードの管理または誤用に起因して生じた会員の損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。
5. 会員は、パスワードを忘れた場合またはパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合には、 直ちに本規約末尾に記載のお問合せセンターに連絡の上、お問合せセンターの指示に従うものとします。

第6条(チャージ)
1. 会員は、チャージ端末で当社所定の金額単位でチャージすることができます。
2. 会員は、1枚のnanacoカードに対して、nanacoカード内残高が3万円相当以上となるチャージはできません。

第7条(nanaco電子マネーサービスの利用)
1. 会員は、nanaco加盟店でnanaco電子マネーサービスを利用して商品等の購入または提供を受けることができます。 ただし、商品券その他の金券類、はがき・切手・印紙類、その他別途定める一部商品について、nanaco加盟店により利用を制限する場合があります。
2. 会員がnanaco加盟店でnanaco電子マネーサービスを利用して商品等の購入または提供を受ける場合、 会員のnanacoカードから利用額に相当するnanaco電子マネーが引き去られ、 利用端末に当該nanaco電子マネーの利用の記録が完了したとき、対価の支払いがなされたものとします。
3. 会員は、nanaco加盟店において、商品等の購入または提供を受ける場合、 当社またはnanaco加盟店の定める方法により、現金または商品券とnanaco電子マネーを併用することができます。 利用端末において認識されたnanacoカード内残高が商品等の対価の総額に不足する場合には、 会員はその不足額を当社またはnanaco加盟店が定める方法により、支払うものとします。
4. 会員がnanaco加盟店において商品等の購入または提供を受ける場合に利用できるnanacoカードの枚数は、nanaco加盟店により異なります。
5. 会員は、nanaco電子マネーサービスを利用して商品等の購入または提供を受けた場合には、 利用端末に表示され、または交付するレシート等に印字して表示されるnanacoカード内残高を確認し、誤りがないことを確認するものとします。 万一誤りがある場合には、その場でnanaco加盟店に申し出るものとします。 その場で申し出がなされない場合には、会員は、当該nanacoカード内残高について誤りがないことを了承したものとします。

第8条(nanacoカード内残高の確認)
1. nanacoカード内残高は、利用端末およびチャージ端末により確認することができます。
2. 前項のほか、会員は、nanacoカード内残高を本規約末尾に記載のお問合せセンター、 パーソナルコンピュータ、携帯電話のWebブラウザにより確認することができます。 ただしこの場合、nanaco加盟店から当社に対して定期的に配信されたデータに基づく残高となるため、実際のnanacoカード内残高と異なる場合があります。

第9条(会員資格の有効期間)
会員は、最後にnanaco電子マネーサービスを利用した日または最後にチャージした日から5年を経過した場合、 自動的に会員資格を喪失し、一切のnanaco電子マネーサービスを利用できなくなります。 この場合、nanacoカード内残高およびセンター預り残高はゼロとなり、また、現金の払戻しも行われません。

第10条(nanaco電子マネーの合算)
会員は、nanaco電子マネーを他のnanacoカードに移転することはできません。

第11条(nanaco電子マネーサービスの利用ができない場合)
会員は、次のいずれかの場合においては、その期間において、チャージすること、 nanaco電子マネーサービスを利用した商品等の購入もしくは提供を受けること、 ならびにnanacoカード内残高およびセンター預り残高の確認をすることができません。
(1) nanaco電子マネーサービスシステムに故障が生じた場合およびシステム保守管理等のためにシステムの全部または一部を休止する場合。
(2) nanacoカード、利用端末、チャージ端末、これらに付随する機器等の破損または電磁的影響、停電その他の事由による使用不能の場合。
(3) その他やむを得ない事由のある場合。

第12条(退会および会員資格の喪失)
1. 会員は、カード内残高およびセンター預り残高がゼロの場合、 当社所定の方法により会員であることをやめる(以下「退会」といいます。)ことができます。 この場合、当社所定の期間が経過したときに、会員資格が喪失され、nanaco電子マネーサービスの利用ができなくなります。
2. 第9条にかかわらず、会員が次のいずれかに該当する場合、当社の判断により会員資格を取り消すことができるものとします。 この場合、当社は、事前の通知催告を要せず、会員によるnanaco電子マネーの利用を直ちに中止させ、 nanacoカード内残高およびセンター預り残高をゼロとすることができます。
(1)nanacoカードまたはnanaco電子マネーを偽造または変造もしくは改ざんした場合。
(2)nanacoカードまたはnanaco電子マネーを不正に使用、利用した場合。
(3)登録申込書等に記載した事項が事実と異なる場合(記載時においては事実と合致していたが、 その後変更があった場合において、当社に対する変更の届出が合理的な期間内になされない場合を含みます。)。
(4)その他、会員が本規約に違反した場合。
(5)上記に準ずる行為があり、当社が会員として不適格と判断した場合。

3.登録申込書等に記載した事項が事実と異なる場合 (記載時においては事実と合致していたが、その後変更があった場合において、 当社に対する変更の届出が合理的な期間内になされない場合を含みます。)は、 当社の判断により登録会員の資格を取り消すことができるものとします。

第13条(換金等不可)
第18条第2項の場合を除き、nanaco電子マネーの換金または現金の払戻しはできません。

第14条(nanacoカード喪失時の再発行等)
1. 当社は、当社所定の方法により、登録会員またはカード発行者から破損、汚損、紛失、盗難等により、 当該カード発行者が発行するnanacoカードについて、nanaco電子マネーサービスの使用停止の措置を求められた場合 または第三者からnanacoカードを拾得した旨の届出があった場合、当該nanacoカードについて、 使用停止の措置(以下「使用停止措置」といいます。)をとるものとします。 なお、カード発行者および会員は当該使用停止措置の解除を求めることはできません。
2.当社は、当社所定の方法により、カード発行者から、 前項により使用停止措置がとられた当該カード発行者のnanacoカードの会員に対して nanacoカードを再発行した旨および使用停止措置がとられたnanacoカードからの残高の引継を依頼する旨の通知がなされた場合、 当社によるnanacoカードの使用停止措置が完了した時点のnanacoカード内残高およびセンター預り残高が再発行されたnanacoカードに 引き継がれるものとします。ただし、当社またはカード発行者により、当社所定の方法にて本人確認が完了している場合に限ります。 また、当該引継には、手数料をお支払いいただく場合がございます。
3.会員は、当社が登録会員またはカード発行者からnanacoカードの使用停止の措置を求められてから 当社による使用停止措置が完了するまでに一定期間を要することを了承するものとします。 また、第三者からnanacoカードを拾得した旨の届出があった場合についても同様とします。 なお、いずれの場合も、使用停止措置が完了する前に、nanacoカード内残高またはセンター預り残高を第三者により利用された場合、 または、その他なんらかの損害が生じた場合でも、当社は一切の責任を負いません。

第15条(nanaco加盟店との紛議)
1. 会員が、nanaco電子マネーサービスを利用して購入または提供を受けた商品等について、 返品、瑕疵、欠陥等の取引上の問題が発生した場合については、会員とnanaco加盟店との間で解決するものとします。
2. 前項の場合においても、会員は、当社および当該nanaco加盟店に対し、nanaco電子マネーの利用の取消し等を求めることはできないものとします。

第16条(個人情報の収集・利用)
登録会員(本条においては、当社に個人情報を登録しようとする方を含みます。)は、 氏名・生年月日・電話番号等、登録会員が当社に届け出た事項およびnanaco電子マネーサービスの利用履歴等の情報(以下「個人情報」といいます。)を、 当社が別途定める「個人情報の取扱いに関する重要事項」に記載した利用目的および共同利用の定めに基づき、 必要な保護措置を行ったうえで収集・利用することに同意します。

第17条(規約の変更)
1.当社は、当社所定の方法により事前に会員に対して変更内容を告知することで、本規約を変更することができるものとします。 また、当該告知後、会員がチャージ、nanaco電子マネーサービスを利用した商品等の購入、 nanacoカード内残高の確認またはセンター預り残高の確認をした場合には、当社は、会員が当該変更内容を承諾したものとみなします。
2.前項の告知がなされた後、会員が退会することなく1ヶ月が経過した場合には、当社は、会員が当該変更内容を承諾したものとみなします。

第18条(nanaco電子マネーサービスの終了)
1. 当社は、次のいずれかの場合には、会員に対し事前に当社所定の方法で通知または告知することにより、 nanaco電子マネーサービスを全面的に終了することができるものとします。
(1)社会情勢の変化
(2)法令の改廃
(3)その他当社のやむを得ない都合による場合
2. 前項の場合、会員は当社の定める方法により、 nanacoカード内残高およびセンター預り残高に相当する現金の払戻しを当社に求めることができるものとします。 ただし、当社が前項の通知を行ってから2年経過した場合には、会員は、当該払戻し請求権を放棄したものとみなされることを異議なく 承諾するものとします。

第19条(制限責任)
第11条に定める理由およびその他の理由により、会員がnanaco電子マネーサービスを利用することができないことで、 当該会員に生じた不利益または損害について、当社は、その責任を負わないものとします。 ただし、当該不利益または損害が当社の故意または重過失による場合を除きます。

第20条(通知の到達)
当社が、登録会員に対して通知を行うにあたって登録会員から届けられた連絡先に宛てて通知を発した場合には、 当該通知の到達が遅延し、または到達しなかったとしても、通常到達するであろう時に到達したものとみなします。

第21条(業務委託)
当社は、本規約に基づくnanaco電子マネーサービス運営管理業務について、業務の一部を第三者に委託することができるものとします。

第22条(合意管轄裁判所)
会員は、本規約に基づく取引に関して、当社との間に紛争が生じた場合には、 当社の本社の所在地を管轄する簡易裁判所または地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることを異議なく承諾するものとします。

第23条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本国法が適用されるものとします。

【nanacoカードに付されるnanacoマーク】

【ご相談窓口】
1.nanaco電子マネーに関するご質問またはご相談は、当社のホームページをご参照いただくか、下記のお問合せセンターまでご連絡ください。

0570−071−555(ナビダイヤル)
0422−71−2266

2.個人情報の開示、訂正、削除等の登録会員の個人情報に関するお問合せ・ご相談については下記におたずねください。
 株式会社アイワイ・カード・サービス お客様相談室 (9:00AM〜5:00PM 土・日休)
 個人情報管理責任者 : 管理本部長
 〒102−8437  東京都千代田区二番町8番地8  03−6238−2952


個人情報の取扱いに関する重要事項

本重要事項において使用する用語は別段の定めのない限り「nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)」における用語と同様の意味とします。
1. 登録会員は、氏名・生年月日・電話番号等、登録会員が当社に届け出た事項およびnanaco電子マネーサービスの利用履歴等の情報 (以下「個人情報」といいます。)を、当社が必要な保護措置を行ったうえで次の目的のために収集・利用することに同意します。 なお、登録会員は、登録会員が当社に届け出た氏名・電話番号等について変更があった場合には、 当社所定の方法により遅滞なく当社に届け出るものとします。
(1)nanaco電子マネーサービスおよびポイントサービスの提供のため
(2)nanaco電子マネーおよびクレジット事業に関するサービス・商品を開発するため
(3)当社が上記事業における営業案内、お得情報その他の情報案内を送付するため
(4)当社が提携した企業から受託した宣伝物・印刷物を送付するため
(5)第2項(3)に掲げる目的のため
(6)登録会員または登録会員となろうとされる方が会員本人であることの確認のため
2.登録会員は、個人情報を当社と下記(2)記載の者(以下「共同利用者」といいます。)が次のとおり共同して利用することに同意します。
(1)共同利用する個人情報の項目
登録会員の氏名、生年月日、電話番号、その他登録会員が当社に届け出た事項およびnanaco電子マネーサービスの利用履歴等の情報
(2)共同利用者の範囲
当社の親会社である(株)セブン&アイ・ホールディングスおよびその関連企業、 ならびにこれらの会社のうちフランチャイズ事業を行っている会社のフランチャイズ加盟店
なお、共同利用者となる(株)セブン&アイ・ホールディングスの関連企業については、
<http://www.nanaco-net.jp/>に掲載しております。
(3)共同利用の目的
@ポイントサービスの提供のため
A共同利用者が取扱うサービス・商品の開発のため
B共同利用者が取扱うサービス・商品についてのお得情報その他の情報案内を送付するため
C登録会員からのお問い合わせに対する回答、ご請求いただいた資料の送付のため
D登録会員が応募したキャンペーンなどの景品の発送や発送状況など関連する情報をご案内するため
(4)個人情報の管理について責任を有する者
当社
3. 当社は、1.(3)(4)、2.(3)Bにより同意を得た範囲内で当社または共同利用者が当該情報を利用している場合であっても、 中止の申し出があった場合は、それ以降の当社および共同利用者での利用を中止する措置をとります。
4. 当社は、登録会員が本重要事項に定める個人情報の取扱いについて同意されない場合は、 提供するサービスを一部制限し、もしくは登録会員としての資格喪失の手続きまたは退会の手続きをとることがあります。
5. 1.(3)(4)、2.(3)Bに定めるお得情報の送付等に対する中止の申し出をいただいても、 登録会員としての資格喪失の手続きや退会の手続きをとることはございません。 また、中止の申し出の後、再度お得情報の送付等を希望される場合は、当社が再開の措置をとります。
6.登録会員または登録会員になろうとされる方は、当社が1.(6)に定める目的のため、カード発行者に対して、 個人情報を開示し、照合を求めることがあることについて同意します。
7. 当社および共同利用者は、2.により共同利用する個人情報を厳正に管理し、 登録会員のプライバシー保護に十分に注意を払うとともに2.(3)に定める目的以外には利用しないものとします。
8.登録会員は、当社に対して、ご自身に関する個人情報を開示するよう請求できます。 また、万一、当社の登録内容が不正確または誤りであることが判明した場合には、当社は、速やかに訂正または削除に応じるものとします。
   個人情報の開示、訂正、削除等の登録会員の個人情報に関するお問合せ・ご相談については下記におたずねください。
 株式会社アイワイ・カード・サービス お客様相談室 (9:00AM〜5:00PM 土・日休)
 個人情報管理責任者 : 管理本部長
 〒102−8437  東京都千代田区二番町8番地8  03−6238−2952


nanacoポイントサービス特約(提携先発行カード用)

第1条(本特約の目的)
1.本特約は、会員に対する付帯サービスとして提供される、会員がnanaco電子マネーを利用すること等により、 当社の管理するポイントである「nanacoポイント」(以下、単に「ポイント」といいます。)を付与され、 付与されたポイントを本特約の規定に従って利用することができるサービス(以下、「nanacoポイントサービス」といいます。) について定めることを目的とします。
2.nanacoポイントサービス以外の事項に関しては、nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)に従うものとします。
3.本特約において使用する用語は別段の定めのない限り、nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)における用語と同様の意味とします。

第2条(ポイント加盟店)
1. nanacoポイントサービスを提供することを当社との間で合意した事業者(以下、「ポイント加盟店」といいます。)と当社は、 本特約に定めるところによりnanacoポイントサービスを提供します。
2. ポイント加盟店はに掲載しております。なお、ポイント加盟店は変更されることがあります。

第3条(ポイント付与の方法)
1.会員が、nanaco電子マネーサービスを利用し、ポイント加盟店で商品等を購入した場合、ポイントが付与され、 その購入に使用したnanacoカードに記録されるものとします。
2.ポイント付与率や対象商品、サービス、付与日等の付与方法はポイント加盟店により異なります。
3.当社またはポイント加盟店は、第1項に定める場合のほか、一定の条件を定め、その条件を満たした会員に対してポイントを付与することがあります。

第4条(ポイント利用について)
1.会員は、付与されたポイントをnanaco電子マネーに交換できます。なお、1回の交換につき当社所定の手数料を頂戴いたします。
2.前項のnanaco電子マネーへの交換は、チャージ端末その他当社が指定する方法により行うことができます。
3.ポイントは、ポイント加盟店において、所定の景品と交換できる場合があります。
4.ポイントは、一部のポイント加盟店において商品代金の一部または全部について1ポイントにつき1円相当としてご利用いただけます。 なお、当該ポイント加盟店についてはでご確認ください。
5.ポイントは換金することはできません。

第5条(お買上商品返品時のポイントについて)
ポイント加盟店においてお買上いただいた商品を、会員のご都合その他の事由で返品される場合は、 レシートとともにnanacoカードを提示し、当該返品商品のお買上時に付与したポイント数をポイント残高から差し引く場合がございます。

第6条(nanacoカード再発行時のポイントについて)
会員がnanacoカードを盗難、紛失、または破損し、nanacoカード会員規約(提携先発行カード用)に基づき、 当社が、カード発行者が再発行したnanacoカードにnanaco電子マネーの引継をする場合には、 当社所定の方法により確認されたポイントが再発行されたnanacoカードに引き継がれるものとします。 なお、使用停止措置が完了する前に第三者にポイント残高を使用された場合など、当社所定の方法により確認ができなかったポイントについては、 当社およびポイント加盟店は一切の責任を負いません。

第7条(ポイントの有効期限)
1.当年4月1日から翌年3月末日までに付与されたポイントの有効期限は、翌々年の3月末日とします。
2.有効期限までに使用されなかったポイントは失効するものとします。
3.会員が退会または会員資格を喪失した時点で、それまでのポイント残高は失効するものとします。

第8条(本特約の改廃)
本特約またはその他の特約を含むサービスの内容を変更する場合は、会員に変更事項を通知もしくは告知することによって行います。 なお、会員は本特約の改廃があった場合、改定後の特約に従うことを予め承諾するものとします。